MENU

口コミ体験談!アトピスマイルを赤ちゃん使った結果

子どものお肌と言えば、スベスベな滑らかさと、もちもちとした弾力が特徴です。しかし、最近は子どもの乾燥肌が増えてきています。私の子どももその1人です。

 

ママ友の間でも子どもの乾燥肌に関する話題で盛り上がることが多々あります。雑誌やネットでは、赤ちゃんの乾燥肌対策として、様々な方法が謳われています。本記事では勇心酒造から販売されているアトピスマイルクリームを実際に使ってみた体験談や口コミをお伝えします。お子さんの乾燥肌に悩んでいるママさんの参考になれば嬉しいです。

 


アトピスマイルクリームのレビュー

私の子供は、産まれてすぐ生後1か月頃から乳児湿疹を繰り返してきました。
お顔に赤い湿疹が出来、とても痒そうな様子に「何とか出来ないものか」常に悩んできました。

 

 

その後、湿疹はある程度落ち着きましたが、
痒くて掻いてしまい続けたせいか、
お顔の肌、特に頬のあたりが白っぽくなってしまいました。

 

特に、暖房を付ける冬など乾燥しやすい時期には、
お肌がカサカサになり、
今度は乾燥による痒みに悩まされるようになりました。

 

「とにかく少しでも痒みを改善できる保湿クリームを・・」
と色々試す中で出会ったのが、アトピスマイルクリームでした。

 

 

 

アトピスマイルをネット注文してから、2日で届きました。早いっ
販売会社の勇心酒造(香川県)から発送されています。私が住んでいる大阪までは距離が近いからかもしれません。
おそくとも3〜4日で届くと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

届いたダンボールケースを開けると、アトピスマイルクリームとパンフレット類が入ってあります。
後で説明するライスパワーの歴史、詳細などが詳しく紹介されています。

 

 

 

アトピスマイルクリームは25gなので商品自体はコンパクトです。

 

 

 

 

香りは無臭に近いです。化学的な臭いでもなく、香水っぽい香りでもありません。

 

 

 

アトピスマイルは炎症を起こしているときも、嫌がりませんでした。

 

 

過去には市販のクリームの多くを嫌がる娘でした。
市販クリームに配合されている微量の刺激成分や強い香料を敏感に察知していたのかもしれません。

 

 

痛い?と聞くと『痛くないよ』と答えてくれたので』肌につけたときの刺激は少ないクリームです。

 

 

 

 

サッパリとしたクリームなので、付けた後もベタベタしません。
動き回る幼児につけても、ホコリやゴミが肌に付く事はないです。

 

 

さっぱりしているのに保湿効果も高く、
使い始めた2~3日はそこまで分かりませんでしたが、
1週間ほど経過する頃には、頬のあたりの乾燥がすっかり綺麗になっていました。

 

アトピスマイルの効果的な付け方

 

私が実際にどのようにアトピスマイルクリームを使っていたのかを簡単にご説明します。
基本的には、1日1回、お風呂上りにお顔や身体の乾燥していそうな所に普通のクリームと同じように塗っていただけです。

 

 

 

 

お風呂上りに付けていたのは、
お風呂上りは乾燥しやすいという話をママ友から聞いていたからです。

 

実際にお風呂を上がって寝る前に痒そうな様子で、ぐずってなかなか寝付かない事がしばしば有ったからです。

 

 

後から調べた事ですが、
お風呂上りは本当に乾燥しやすいタイミングだそうです。

 

熱いお湯に浸かることで、お肌の潤いを保っていた皮脂が流れ出てしまうからです。

 

 

 

そして、洗浄力の強い石鹸やボディソープを使っていると、
皮脂を過剰に取り除き過ぎてしまう事も有ります。
子どもの乾燥肌の原因の多くが石鹸による洗い過ぎであるという説もあります。

 

 

 

 

基本的には1日1回の塗布で十分だと思います。
私は心配性という事もあり、お風呂上り以外にも痒みが強そうな時は塗るようにしていました。

 

 

真冬の暖房をガンガン使うような時期であれば、
1日2回くらい塗った方が良いかもしれませんね。
その時の湿度や、お子様の状況を見て判断するのが良いと思います。

 

アトピスマイルをハンドクリームとして使う

 

そして、アトピスマイルクリームを手放せなくなった理由をもう1つご紹介いたします。
それは、母である私の手荒れ改善効果です。私は、特別乾燥肌では有りません。

 

しかし、肌は弱く、毎日の洗物で手荒れを度々、起こしていたのです。
娘の為に購入したアトピスマイルですが、ハンドクリームとして使ってみたのです。

 

 

少しの量で1週間ほど使ってみると、手荒れは、どんどんよくなっていきました。

 

 

手荒れが治った事は本当に予期せぬ幸運でした。

 

アトピスマイルクリームは、単なるハンドクリームとしても優秀なクリームでした。
娘の乾燥肌が落ち着いてからも、私はハンドクリームとしてアトピスマイルクリームを使い続けています。

 

アトピスマイルクリームの口コミと評判

 

私以外にアトピスマイルクリームを使用した人は、どのように感じているのでしょうか。いくつか口コミをご紹介いたします。

 

乳児湿疹が有る娘のために購入してみました。乾燥している部位には確かな効果が見られました。TV効果なのか、製造が間に合っていないらしく、結構待たされました。価格はもう少し頑張って欲しいです。

 

アトピーなどは無い普通肌です。アトピスマイルはとにかく潤います。夜のスキンケアで使用した翌日の朝は、お肌がプルプルになっています。多めに塗ってもベタつかず、お肌にすんなり浸透していく感覚が有ります。2本目もリピートします。

 

2本ほどリピートしました。美容液の後の乳液やクリームとして使用していました。塗った時は、お肌が柔らかくなる感じが好印象でした。しかし、継続して肌質が改善する程の効果が有るかどうかは正直疑問です。

 

もともとアレルギー体質で、毎年春先には蕁麻疹から肌荒れを起こしていました。母の勧めでアトピスマイルを使い始めて、綺麗な肌を1年中保つことが出来るようになりました。もう、自分が敏感肌であることを忘れるくらいです。色々な種類のメイクや化粧品も試せるようになりました。季節の変わり目には必ずこのアトピスマイルを使っています。背中が乾燥していた息子の肌も、アトピスマイルですっかり綺麗になりました。親子で愛用中です。

 

アトピスマイルの評価は既に多く書き込まれています。使用者の多数が効果を実感されているようです。特に、アトピーや乾燥肌に悩まされて改善したという口コミが多く見られました。

 

私自身、自分の手荒れと娘の乾燥肌で効果を実感したので、共感出来る内容がたくさん有りました。普通肌の人ですと、効果を実感しにくい人もいるのかなという印象を受けました。そして、少数の人はお肌に合わないと感じているそうです。使い始めは注意が必要かもしれませんね。少しずつ試しましょう。

 

アトピスマイルの成分

アトピスマイルクリームに配合されている成分を詳しくご紹介していきます。
『アトピスマイルクリームは、ライスパワーNo.11』を主な有効成分としています。無香料・無着色・ステロイドを使用せず、お肌の安全性に配慮した構成となっています。具体的な成分を見ていきましょう。

 

ライスパワー

アトピスマイルクリームの主役となる成分はライスパワーNo.11です。ライスパワーNo.11は、その名の通り、お米から作られた成分です。“お肌が水分を保つ力を改善させる”効果が有ります。

 

 

2010年、厚生労働省から新規効能・有効成分として、『皮膚水分保持能改善』効果が認められた唯一の成分です。従来の成分は、お肌表面に成分が留まることにより、お肌内部の水分蒸発を防いでいました。

 

 

お手入れ直後は潤ったように感じられますが、実際は一時的にしっとりしているだけの状態です。

 

それが、“保湿”です。

 

しかし、“お肌が水分を保つ力を改善させる”効果をもつライスパワーNo.11はお肌が水分を保つために必要なセラミドを増加させるように働きかけます。

 

 

お肌が本来持っている水分保持能を根本から改善してくれます。
その違いは、時間の経過と共にはっきりと表れます。

 

ライスパワーNo.11を塗った2時間後には、水分保持量が塗る前の2倍になることが実験で示されています。ヒアルロン酸など、その他の保湿成分では誤差程度の結果しか出ませんでした。ライスパワーNo.11は、お肌の機能自体に働きかけているので、時間と共に効果が発揮されます。

 

ステロイドやカゼインが使われていない。

アトピスマイルクリームには、ステロイドもカゼインも使用されていません。
子どもにクリームを塗る時は、その安全性が気になりますよね。

 

ステロイドは、副作用が有る。
カゼインはアレルギーを引き起こす。

 

という情報が有名なので、敏感になる方が多いと思います。

 

まず、ステロイドは医師もしくは薬剤師を通しての購入しか出来ないようになっています。日本で、化粧品や医薬部外品にステロイドが含まれている事は有り得ません。

 

 

次にカゼインです。カゼインは界面活性作用を持つため、クリームなどに使用される成分です。牛乳に含まれるたんぱく質なので、牛乳アレルギーをお持ちのお子さんに使用すると、アレルギー反応が出てしまいます。アトピスマイルクリームは2014年のリニューアルを機に、カゼインを使用しない成分構成になりました。より安全性が増したという事ですね。

 

アトピスマイルの販売店

 

実際にアトピスマイルクリームを使いたい時は、どこで購入できるのでしょうか。私は公式サイトから購入しましたが、それ以外に購入できる販売店が無いかどうかを調べてみました。

 

 

まず、薬局・ドラッグストア・コンビニではアトピスマイルクリームは販売されていません。直接商品を見て購入できるのは、三越百貨店のみです。

 

しかし、全ての三越百貨店で取扱いが有る訳では有りません。

 

仙台三越、千葉三越、三越日本橋本店、名古屋三越栄、高松三越、松山三越、福岡三越のみの取り扱いとなります。店舗では、お肌のカウンセリングなどのサービスも受けられるそうです。

 

楽天やアマゾンでは購入できる?

ネット通販での購入方法は、公式サイト、楽天、Amazonが有ります。楽天やAmazonでは、代理店もしくは転売による販売になります。私が確認したときには、楽天・アマゾンでは販売していまでした。

 

仮に楽天やアマゾンでアトピスマイルクルイームが販売されていても、一般的には、送料がかかります。
一見、本体価格を安く表示していても、送料を含めると割高になる場合が有ります。

 

購入する際は、しっかりと合計金額を確認するようにしましょう。

 

公式サイトは送料が無料です。

 

製造業者からの直接購入という形になるので、一番安心です。
「楽天ポイント、Amazonポイントが余っていてどうしても使いたい」、という人でない限り、公式サイトからの購入をオススメします。

 

購入価格

 

アトピスマイルクリームは1本25gのタイプは2,500円(税抜き)です。勿論、送料はかかりません。
この会社は良心的なことに、初回価格を餌に定期購入を購強制するシステムが有りません

 

定期購入もありますが、1回から購入できます。

 

最近、通販サイトで問題になっていますよね。
“初回○○円!”で目を惹きつけておいて、下に小さく“最低○回以上の購入を条件とする”と書いてあるサイトには気を付けましょう。販売システムから考えても、アトピスマイルクリームを販売している勇心酒造株式会社さんは良心的と言えます。

 

 

販売会社の勇心酒造株式会社 

さて、商品を購入する際には、その販売会社も気になりますよね。
アトピスマイルクリームを販売している勇心酒造株式会社について、簡単にご説明いたします。

 

勇心酒造株式会社は、最初からスキンケア商品の販売をメインとする会社では有りませんでした。

 

実は、1854年からお酒を造り続けている老舗だったのです。
長年、お酒を造り続ける中で、お米の持つ可能性に気が付いた勇心酒造株式会社さんは、伝統ある発酵技術と新技術を組み合わせてライスパワーエキスを生み出したそうです。

 

 

今では、アトピスマイルクリーム以外のスキンケア商品や、健康食品を開発し販売しています。源となる成分を研究・開発した会社が直接作っている商品ですから、その成分の有効性をしっかり活かした成分構成になっている事が期待できます。

 

まとめ

アトピスマイルクリームは、2016年に品切れ状態にもなった人気アイテムです。
医薬部外品であり、成分を開発した会社が直接造っているクリームですから、非常に安心感が有ります。

 

口コミの評価を見ても、お子さんや敏感肌、乾燥の強い方などに効果的なクリームであることが分かります。気になる人は、ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

 

そして、何よりまず1回使ってみて下さい。敏感肌・乾燥肌に悩む皆さんに、アトピスマイルクリームの潤いをぜひご体感して頂きたいと思います